オンコ不動産合同会社 オンコ不動産合同会社

サポート
support

現役女子大学生が書く『オンコブログ』

17.【エリア毎の雰囲気・路線の雰囲気】

2020.07.03

オンコブログ 17.【エリア毎の雰囲気・路線の雰囲気】


 

こんにちは。こんばんは。オンコ不動産の大学生スタッフです。
私は鹿児島県出身で大学入学と同時に上京した女子大学4年生です。現在は神奈川県内の私立大学に通っており、オンコ不動産でアルバイトとして働いています🌟

 

今回は大学進学を考えている皆様に【エリア毎の雰囲気・路線の雰囲気】について紹介したいと思います。

今回は私がよく行く渋谷・新宿やエリアについて紹介したいと思います。

【渋谷】

アルバイト先でもあるオンコ不動産がるので頻繁に行きます。渋谷はハロウィンなどでニュースに取り上げられているため、若者の街というイメージがありました。確かにハチ公や109がある方の出口はとても人が多く、若い人が多いです。ハチ公前にはユーチューバーらしき人が毎日のようにおり、田舎ではみない光景です。

しかしオンコ不動産がある南平台周辺は住宅街が広がり出口が違うだけでこんなにもイメージが異なるのかと感じました。東京の駅は全体が見えないほど大きい駅もあります。家探しの時にも駅名で判断するだけでなく、出口ごとの雰囲気にも気をつけると良いかもしれません!

 

【新宿】
新宿は飲食店も商業施設も多く、とても大きな街です。とにかくなんでもあります。初めて新宿に行った時は駅の中で迷いましたし、未だに全てを理解できない迷路のような駅です。ルミネ(商業ビル)だけでもルミネ1、ルミネ2。ルミネエストあり、人も多く待ち合わせが難しいです。地元の友人と待ち合わせして10分くらいかかったことがあります。友人と会えた時には思わずハグしてしましいました!笑

 

それもそのはずです。新宿駅は14本の路線が乗り入れ、平均利用者が一日353万人でギネスブックに認定されているそうです。南口から東口まで5分はかかりますし、南口から西口は4分かかります。

 

新宿駅より新大久保に友達と行くことが多いです。新大久保駅まで東口から10分ほどで行くこができます。新大久保はコ日本最大のコリアンタウンとも言われており、韓国コスメショップや韓国料理が多数あります。韓国コスメやアイドルが好きな方はテンションが上がるのではないでしょうか!

 

私が特にオススメなのが「ソウル市場」という韓国の商品を取り扱っているスーパーです。日本のスーパーでは扱っていない本格的な食材(キムチやサムギョプサル)が売っているのでみているだけでもとても楽しいです。
新宿と言っても歌舞伎町や新大久保など様々な顔を持ち合わせています。

 

 

 

みなさん、【エリア毎の雰囲気・路線の雰囲気】いかがだったでしょうか。
今回は渋谷・新宿エリアについて紹介しました。若者にも人気で何度行っても飽きない魅力的街です。皆さんもぜひ遊びに行ってください!!

 

上京を考えおり、お家のことで困ったことや相談がありましたら、オンコ不動までご連絡ください。全力でサポートさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

目次へ戻る