オンコ不動産合同会社 オンコ不動産合同会社

サポート
support

現役女子大学生が書く『オンコブログ』

1.【現役大学生の1週間の生活(学校Ver/1・2年生編)】

2020.07.19

1.【現役大学生の1週間の生活(学校Ver/1・2年生編)】


 

こんにちは。こんばんは。オンコ不動産の大学生スタッフです。

 

私は鹿児島県出身で大学入学と同時に上京した女子大学4年生です。現在は神奈川県内の私立大学に通っています🌟

 

 

今回は大学入学を考えていらっしゃる皆様に現役大学生の1週間の生活を紹介していきたいと思います。

 

 

学年によって授業の数やバイトの時間が異なるので今回は私の「1・2年生」の生活の様子を紹介します!!

 

 

スケージュールはこのような感じです♫

 

 

 

『月曜日』

9:00~16:30(学校)

17:00~20:00(公務員講座)

 

私は1年時、兄と暮らしており通学が1時間半かかっていました。ですから、毎朝5:45に起床し、21:00以降に帰宅することも多かったです。

 

近くに地元の友人が住んでいたのでよく遊びに行っていましたね。そこから大学に通うことも多々ありました。やはり、上京したての私にとって地元の友人は心の支えでした。

 

 

 

『火曜日』

全休(学校が休みのことを言う、授業の組み方によって作り出すことができる。)

 

私は上京したばかりは友人が少なかったので、学部が同じ地方出身者の子を誘い、東京や神奈川を観光していました。

 

初めて渋谷駅に行った時はスクランブル交差点でビルを見上げて感動したのを覚えています。あとは、江ノ島や浅草など「THE観光地」を巡っていました。

 

 

 

 

これは鎌倉の大仏の写真です。

 

全休は年次が上がるにつれて増えていくと思っていいです。1年次は必修も多いので難しいことが多いですが、2年次の時には火曜、水曜は全休にしていましたね。私の友人は全休を作ってバイトを入れる人が多かったです。

 

 

 

『水曜日』

9:00~16:30(学校)

17:00~20:00(公務員講座)

 

私は大学入学時に公務員を志望していました。大学入学前から受講することを決めており、1年次は週に1回、2年次は週に3回ありました。大学には就職やスキルアップの様々な講座が準備されています。他には、公認会計士、会計士、
宅建士、MOSなどがありました。

 

講座は外部の資格の専門学校と提携しており、学校内で受けたり、住んでいる近くの学校を選択できたりと様々です。大学によって異なるので、大学のHPなどで確認してみてください!

 

 

 

『木曜日』

10:00~16:30(学校)

17:00~20:00(公務員講座)

 

私は一人暮らしですので毎日の食事は自炊したり、外食したり様々でした。学校がある日は友人と学食を食べることが多かったです。

 

高校時代に学食というものがなかったのでとても新鮮でしたね。カレーや定食など10種類以上から選べるので飽きません。

 

一人暮らしには嬉しい価格(300円〜600円)のものが多く、とにかくコスパ最高です!私の大学は学食が4箇所ぐらい(正確には何個あるのか不明笑)ありましたのでその日の気分によって変えていました。

 

 

 

『金曜日』

9:00~16:30(学校)

17:00~(自由)

 

私の自由時間は遊ぶか課題をするという2択でした。金曜日なので友人と食事にいくことも多かったです。

 

1年次は特に必修が多いので課題が定期的に出されます。特に英語などは予習や小テスト対策が必要です。毎回小テストがある授業もありますし、授業を受けた後にレポート課題が出されるものがあります。

 

これは進級や卒業に関わってくるので提出期限に気をつけてください!!

 

私は空きコマこま(授業が入っていない時間)に図書館を利用したり、学校で友人と終わらせたり課題を家に持ち帰らない工夫をしていました!

 

 

 

最後に・・・

大学の授業は高校生と異なり、主体性がとても重要になります。授業をサボっても怒られませんし、バイトを充実させることも一つの選択肢です。

自由とも言えますが、逆に言えば自分で決めなければなりません。やり方次第でいくらでも変えられます。大学4年間でどんなことを達成したいのか目的を持って生活することができれば充実した学生生活を送ることができると思います。

 

私も残り半年間の大学生活を充実なものにできるように邁進していきたいと思います。

 

このブログを読んでいただいている皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

そして皆様の学生活がより良いものになることをこころから願っております。

 

もし上京を考えおり、お家のことで困ったことや相談がありましたら、ご連絡ください。全力でサポートさせていただきます。

 

 

 

最後までよ読んでいただきありがとうございました。

 

 

目次へ戻る