オンコ不動産合同会社 オンコ不動産合同会社

サポート
support

現役女子大学生が書く『オンコブログ』

1年半のアルバイトを終えて【現役大学生不動産女子】

2021.03.19

現役大学生不動産女子は2021年3月19日をもってオンコ不動産を卒業します。

 

昨年の10月、当時大学3年生だった私は、ペーパー宅建士になりたくないこと動機に不動産屋でアルバイトを始めました。大学卒業までという期限付きでしたが、この1年半は私にとって大変充実したものでした。

 

はじめての勤務日、田中社長に「大学生であることは関係ない。お客さまや取引先にはオンコ不動産の社員として見られている、と思って働いてほしい。」と伝えられ、そして、田中社長と一緒に「卒業までに賃貸仲介の案内が一人でできるようになる」という目標を立てました。私は、まじか!?大学生の私でもできるのかな・・・と内心思っていました。

 

 最初の仕事は不動産会社に1日100件電話をかけ、ひたすら住所を聞くことでした。最初の頃、電話で話すことに慣れていない私は、とても抵抗がありました。田中社長の真似をしながらかけるも、イレギュラーなことが起きるとすぐに変わって助けを求めていました。そんな私も毎週電話をかけているとだんだんと慣れてきて、電話対応が少しずつうまくなっているなと実感していました。この経験から、わからなくてもまずはやってみることが大事、と感じました。ある時にはガラーケーをみてかわいい!どうやって使うのですか?社長に聞くと驚かれるときもありあした(笑)。田中社長に教わりながらですが、何でも挑戦することを意識して電話対応をはじめ、FAXの送り方、SNSの投稿、重要事項説明のやり方を学んでいました。毎週学びの宝石箱や~の気分でした!

 

 また業務外では、人脈が広い田中さんの知人を紹介していただいたり、渋谷周辺のおいしいご飯屋さんに連れて行ってもらったりとプライベートの部分でも大変お世話になりました。

 

 何か少しでもお返しができるようにとアルバイトではYouTube撮影や動画編集、内見に同行するなど少しずつできることを増やしていきました。目標達成ができたのは今年の2月頃です。友人の家探しを手伝うことになり、はじめて内見予約から、内見までを一人でまかせてもらえるようになりました。できるわけないと思っていた私が内見をひとりでしているときは、成長を自分でも感じることができました。3月には、内定している会社の同期4人の家探しを手伝えることになりました。繁忙期で大変だったなと感じますが、それよりもできることが増えた喜びの方が大きかったです。友人にありがとうと言ってもらえた時は、オンコ不動産で働いてよかったなと心から思いました。同じ大学生におすすめしたいアルバイトです!興味がある方は「オンコ不動産」で検索を❤

 

 4月からは、プリンタやプロジェクタを販売する会社で営業として働きます。アルバイトで学んだことを活かして、さらにレベルアップできるように頑張りたいと思います。渋谷の事務所にももちろん営業に行きますよ!(笑)

 

最後に、アルバイトとして採用していただき、これまで様々な経験をさせていただいた田中社長をはじめ、社員の皆様、これまで関わった方々、最後まで読んでいた方に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

オンコ不動産の益々のご発展を願っております。

 

2021年3月19日 現役大学生不動産女子 S